×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

どーも皆さんこんにちは。初めての方は初めまして。 IiSAMの立て前隊長、ブラッドです。
後ろのデカイのは相棒のPlutoことブリザイア52式。

 

今回は自分がフリーダム市をソロで歩いてた時に出会った、ちょっと貴重な体験についてお話しましょー。

 

Report1
05/04/28 激戦区での出会い

 

いつものように、フリーダム市を単機哨戒する。
両軍ともに兵員数が大分減少した現在、下手に半端な部隊を組むよりも一人の方が動きやすいことも多い。

 

毎日歩くが、この街はいつも変わりない。
ただ、弾痕と鉄屑が少しずつ増えていくだけだ。

 

日の落ちかけた北西部に到着した時、レーダー警告が鳴り響く。
どうやら、当たりを引っかけたらしい。付近の友軍と合流することにする。

 

合流後、レーダーにて敵部隊構成を確――
いやちょい待て、アサルト1、ジャマー1でメカニック機!?

 

……貧乏くじを引いちまったようだ。襲い来る赤黒カラーリングの未知の部隊。
単機で哨戒するWAPを狙ってゲリラ的に攻撃を仕掛ける、いわゆるソロ狩りと呼ばれる類の連中らしい。
ビルを使ってなんとか攻撃をしのぐものの、こちらの攻撃は全て二人のメカニックに無効化される。
肩盾も片方吹き飛ばされ、つーかぶっちゃけかなりヤバイ
多勢に無勢の構図は明らかだった……が、その時。

 

轟音が響いた。

 

はっとして振り向いて見れば、そこにはいつの間にか二機の友軍がいた。
バズーカを携えた無限機動型の90X式に、ジェットパックを搭載したスナイパー仕様クラブサン。
入ってきたのは「加勢します。」 と一本の通信。
次の瞬間、俺はローラーダッシュで敵陣に突っ込んだ。

 

 

 

 

 

 

無我夢中で戦い続けてふと我に返る。俺のブリザイアは屑鉄寸前のボロボロだったが、
……その時、目の前に立っていた敵はアサルトただ一機のみだった。

 

オーデンのトリガーを引く。
機能中枢を破壊された敵はクラッシュせず、その場に立ち往生した。
"ソロ狩り撃退"。逆境からの稀に見る勝利の瞬間だった。

 

 

 

 

――帰投する頃には夜が明けていた。
いつもは一人で帰る道程。だが、今日は違った。

 

 

 

WAPを降りてロビーに向かうと、そこにはさっきの二人がいた。
本音を言うとここで思いっきり抱き合いたいぐらいなのだが、共に死地をくぐり抜けた者同士にそんな必要はない。
感謝と尊敬の意を込め、二人に敬礼を送る。
二人もそれに応じるのを見て、「またどこかで」。 ただそれだけの言葉を交わして彼らと別れた。
彼らにも、明日の命があらんことを祈って。

 

※著者より:Calieさん、Kohisamaさん、援軍及び撮影協力ありがとうございました。
またいつかどこかでお会いできる日を楽しみにしています。

Report目次へ戻る